演劇

『キネマの天地』観劇。



 

みなさんこんにちは!

 

東京は朝はしとしと降ってましたが晴れました。

 

今日は金曜日だから、仕事帰りに久しぶりに一杯なんて方も多いのかな♬

 

昨日帰りの電車から車窓を覗くと、高田馬場か新大久保あたりのもつ焼き屋さんで

 

お客さんが店から溢れ出ていて、隣の人もその様子に二度見していました笑。

 

みんな我慢してたんだなぁ…

 

 

なんの帰りの電車かというと、初台の新国立劇場へ行ってきました。

 

井上ひさし作『キネマの天地』観劇。

 

前回サザンシアターでの『日本人のへそ』から続いて井上作品。

 

映画『キネマの天地』(1986年公開、監督山田洋次、井上ひさしも作者の一人として参加)の続編として、


井上ひさし自身の書き下ろし・演出で同年、日生劇場にて初演。

 

映画出演のために集められた四人の女優達が巻き込まれる、

 

殺人事件をめぐる井上流推理喜劇。どこまでが真実でどこからが虚構なのか…。

 

笑いをあちこちに散りばめながら、人間を魅了してやまない「舞台」の世界を描く。

 

撮影所や舞台裏のお話って、関係者もそうでない人にも


なんでこんなに
面白いんですかねww


4人の大女優が主張するわがままには、思わずあるある!!

 

とクスクスゲラゲラ笑ってしまいました。

 

そして随所に刺さる、響く会話があって、

 

『こんないい役を役者ならどうして断れる?』

 

『照明、天気、大御所の到着と、役者は待っているのが仕事。特に役がつくのを待っているのが一番長い』

 

『尾上菊次郎(女形)は出番前に、冬だろうが氷水に手を入れて、菊五郎の手に触れた時、”あぁこいつを温めなきゃ”と思わせる。

菊五郎は出番前に、手の甲にシュッと香水を一吹きつけて、接吻の際にその手を菊次郎の顔に添えてうっとりさせる。舞台は一人じゃできないよ』

 

もうね、いい台詞がいっぱいありましたよ。

 

特にラストシーンは込み上げるものがありました。

 

役者なら誰でも、いや、そうでなくともいい台詞だったな。

 

井上ひさしはなんでこんな発想ができるんだろう…

 


それは天才としかいいようがありませんね。

 

映画も見てみよう。

 

 

 

 

 

 

 




ABOUT ME
hana
大学在学中、世界一周したのち 2004年劇団俳優座に入団。 舞台を中心に俳優として活躍。 2015年に結婚。現在は俳優、 書道家、個人投資家、愛犬家 として日々勉強中。 趣味・読書、料理、散歩、 映画、お酒、旅など

POSTED COMMENT

  1. おかだ より:

    久しぶり 小沢さん キネマの天地 僕は昔 映画をみたあと 文庫本をゲットしましたよ あれはね もちろん 井上ひさしさん 山田洋次さん だけじゃなくて 山田太一さん 朝間義隆さんという かなり濃厚な脚本なんですよ 笑 なかなかこのメンバーの合作というのは ないですね 作品もよかった 

    • hana より:

      おかださんこんにちは!
      なるほど。そんな錚々たる名監督、脚本家の集まった作品だったのですね。
      あれはなかなか書けないわ。納得。
      昭和のほのぼのした映画、またみたいな。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)