個人投資家

米国ETFが最強な理由とは

 

 

みなさんこんにちは!

 

12月第三週が始まりましたね。
今年もあと18日で終わっちゃいます!
もう早すぎて実感湧かないですよ。。
今週から大掃除に手をつけないと
このままスルーしてしまいそうです汗。

さて、昨日外国為替についてご指摘を
頂きました。ありがとうございます!

私もまだまだ素人なので、知らない
情報はありがたいです。
ドルえもんさん!またご指導願います!
ありがとうございます!!

為替コストはFXが一番安いという
ことがわかりました。
私はFXについては無頓着だったので
少し調べてみました。

FXとは

為替レートが上がるか下がるか予想し
利益を狙う取引です。英語の
Foreign Exchangeを略し、正式には
『外国為替証拠金取引』といいます。
お金とお金の交換で、為替レートの変動
を利用した差益を目的とした金融商品。

売買手数料は全て無料。
1ドル=円のスプレッド(手数料)を比較すると、

SBI FXトレード 1000通貨まで無料
GMOクリック証券 0.1銭
DMM FX 0.1銭
為替どっとコム 0.1銭
みんなのFX 0.1銭

 

無料がありましたね!
でも注意も必要です。

FXの場合、1万通貨が基本的な取引単位
になり、これを「1通貨」、「1ロット」
といいます。1万通貨とは米ドルなら
1万米ドルであり、ユーロなら1万ユーロ、
1ドルが100円なら100万円で取引する
ことになります。

ここでレバレッジといって、てこの原理
を使い少額で取引することが可能。
「証拠金規制」というルールがあり、
個人トレーダーの場合、総取引金額の
4%以上の証拠金を預けることが義務
づけられています。

100万円の取引をする場合、4万円以上の
証拠金で取引できるとなると、最大25倍
のレバレッジということになります。

倍率を低くすれば安心ですが、自分の
持ってるお金以上を掛けるというのは
完全にギャンブルですね…

レバレッジを使わず、為替コストの
恩恵を受けるのは良さそうです。

 

さて、次にアメリカ個別株と日本個別株
について書いていきたいと思います。

 

現在、全世界の株式においてアメリカ
一強です。アメリカは株主にお金を還元
するという思考が強く、多くの投資家が
投資しています。また、GAFAMといった
Google Apple Facebook Amazon
Microsoftの5社のみの自社総額が、
日本のTOPIX2000社近くもの自社総額
を上回ったことでも話題になりました。

外国株を買うにあたり、税金がかかるので
二重課税、また為替リスクがあるのも事実
ですが、確定申告すれば外国税額控除を受
けられますし、今のところ円高が続いてい
るのでドルが下がった時はむしろ安く買う
ことができます。

そしてアメリカには高配当株が多く、高配
当株ばかりを集めた優良ETFがあります。
米国を代表する指数「S&P500」に連動
するETFなら、一気に500社に投資するこ
とができます。

日本にはこのような高配当株ばかりを集め
た優良ETFがないんですね…
だから自分でポートフォリオを作らなけれ
ばなりません。

では何を買えばいいか、、ですね。

明日は私が実際に買った株、そして
参考にしている動画などを紹介したいと
思います!




ABOUT ME
hana
大学在学中、世界一周したのち 2004年劇団俳優座に入団。 舞台を中心に俳優として活躍。 2015年に結婚。現在は俳優、 書道家、個人投資家、愛犬家 として日々勉強中。 趣味・読書、料理、散歩、 映画、お酒、旅など

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)