仮想通貨

【Defi初心者入門】仮想通貨ビットコインを運用しよう⑧ 〜Venusのリスクを知ろう〜



 

みなさんこんにちは!

 

5月後半の週末ですね。

東京はやっと晴れ間がのぞいて、梅雨の中休みらしいです。

今日は洗濯物のチャンスですね!

 

引き続きDefi運用を書いていきたいのですが

 

ビットコインの調整で暴落が止まらず、他の仮想通貨ももろ影響を受けていて

果たしてこのまま書き進めていいものか…
読者の方に不安を煽ってしまうのでは?

と迷ったのですが、

 

私自身もですね、こういう局面では精神的に惑わされずに

 

冷静でいることの大切さを知ったので、今後の教訓になりました。

 

仮想通貨でも株でもFXでも、投資にはこういう暴落はつきものですから、

 

大事なのは、そんな暴落時でも

課長
課長
安い!買い足すぞ!!

と思えるくらいの余裕資金でやるのが重要だと思います。

 

貯金全部を突っ込むなんてしたら眠れませんからね!

 

あくまで楽しみながらやりましょう♬

 

しかしそろそろビットコインも戻りそうだという声も聞こえるし

 

仮想通貨古株は今が買い時とざわざわしているので

 

余っているお小遣いは今日買い足そうかなと思っています。

 

 

さて、今日は⑧のVenus(ヴィーナス)という

 

BSC上での銀行みたいなところにビットコインを預け入れるんですが、

 

昨日チェックするとこちらも色々変わってきていて

 

BTCを預けるだけで年利2%程貰えるのは変わらないんだけど

 

他のアルトコインを借り入れた時の利率が変わってきています。

 

私はBNBBUSDVAIというコインを借りていたんですが、

 

今は利息が発生してしまうので昨日全部返金しました。

 

こういうDapps(自律分散型アプリケーション)やDEX(分散型取引所)

 

といった取引所の利率は日々変化しているので

 

こまめにチェックする必要があります。

 

大体スタートは集客のために美味しすぎる年利(APY)なんですが

 

そのうちだんだんとAPYが下がっていきます。

 

利率だけでなく、Defiは日々アップデートされています。

 

Twwiterなどで常に情報を追いかけるようにしましょう!

 

Venusのリスクについてイケハヤさんが書いてくれています。

 

Venusはバイナンススマートチェーン最大のレンディングサービスですが

 

今回VRTという新たなトークンが追加され、その担保により

 

自分の大事なビットコインを運用されるのもリスクだなぁと…

 

なんでもリスクですが、そこを理解した上で利用してください。

 

(ただ、Venus(Swipe社)はBinanceの買収済み子会社なので、バックに大金があるのは安心です)

 

Venus以外にも様々な取引所での運用があります。

 

慣れていったら他のものも試してみて、自分の好きな運用の仕方を

 

見つけられると毎日チャリチャリニヤニヤできますよ笑!

 

今回は、まずはバイナンススマートチェーンで王道の、


一番安全で
基本的なPancakeSwapでCAKEを焼かないことには

 

何も始まらないので、Venusでビットコインを預け

 

その担保で今借り入れしてもプラスになるUSDTを借りてみます。

 

イメージでいうとこんなかんじでバイナンススマートチェーン上で運用していきます。

まだBinanceでBTCとBNBを交換していない方はこちらから↓↓↓

 

BTCとBNBをMetamaskに送金していない方はこちらから↓↓↓

 
先に進める方は、ChromeでVenusを開いてウォレットと繋げ、どんなコインが借りられるかみてみてください。

なぜか写真がうまく貼れないので、続きはまた次回!

 

 
 
 
 
 
 




ABOUT ME
hana
大学在学中、世界一周したのち 2004年劇団俳優座に入団。 舞台を中心に俳優として活躍。 2015年に結婚。現在は俳優、 書道家、個人投資家、愛犬家 として日々勉強中。 趣味・読書、料理、散歩、 映画、お酒、旅など

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)