仮想通貨

【Defi初心者入門】仮想通貨ビットコインを運用しよう⑩ 〜Pancake Swapで流動性を供給する【画像付き】〜



 

みなさんこんにちは!

 

今日も初夏の陽気。貴重な晴れ間ですね!

 

米国は日本でのコロナ感染拡大を理由に、日本への渡航について

 

警戒レベルを最高の4に引き上げましたね。

 

米国人の渡航中止ということは、アメリカのオリンピック選手は来れないということ?

 

世界がここまで懸念している中、オリンピック開催を強制実行しようとしている日本政府。

 

戦中の特攻隊を彷彿させるんですが…

 

2021.TOKYOオリンピックはいかに?!

 

自分の身は自分で守るしかありませんね。

 

また、24日米ヘッジファンド運営会社ブリッジウォーター・アソシエーツの創業者レイ・ダリオは、

保有するなら国債よりビットコインを選ぶ

とコインデスクのイベントで披露した模様。

 

理由は、

このまま暗号資産の勢いが増すのであれば、投資家は国債よりも仮想通貨を投資先に決める可能性があり、そうなれば政府は資金調達能力のコントロールを失う」

と続けました。

 

政府の資金調達能力のコントロール…

 

だから中国は暗号資産規制強化になるわけだ。

 

莫大な電力を使うビットコインのマイニングは、今まで電力の安い中国をメインに

 

されてきたので、ビットコインの供給量は緩やかになるかもしれません。

 

2100万枚到達まで2140年と言われていますから、現代私たちが生きている間は

 

ビットコインの価格は上昇し続けるのか?!

 

 

続きいきましょう♬

 

【Defi入門 バイナンススマートチェーン運用のロードマップ】

  1. ビットコインかリップルを買う
  2. Metamaskをインストールする(PC必須)
  3. MetamaskにBSCの設定をする
  4. Binanceで口座を開設する
  5. BinanceにBTCを送金する
  6. BTCの一部をBNBに交換する
  7. BTCとBNBをBSCのウォレットに送る
  8. 着金したらVenusに預け入れる(年利2〜3%)
  9. BUSDとVAIを借り入れる
  10. PancakeSwapで流動性を供給する
  11. 収穫したCAKEを複利運用する




 

今日はいよいよ⑩のPancake Swapです!!

 

しかし流動性を供給すると言われても何のこっちゃですよね…

イールドファーミングとは

 

PancakeSwapは「DEX:分散型取引所」の一種で、その時のレートで仮想通貨の売買ができるプラットフォームです。

 

バイナンススマートチェーン上に構築されており、プログラムで動いています。

 

通貨の交換ができ、交換に使う通貨はユーザー同士が提供する仕組みです。

 

たとえば私がPancakeSwapBTCBBNBを提供すると、

 

誰かがこの通貨をトレードするときに私の資金が使われます。

 

プログラムに資金を提供することを、「流動性の供給」といいます。

 

英語では「Liquidity Provider(LP)」と表現され、DeFiではよく出てくるキーワードです。

 

つまりPancakeSwapにコインを預けておくと、手数料収入が入ります。

 

これをイールドファーミングといいます。

 

LPトークンとは

 

預けたコインを引き出すための証明書代わりになるものが、LPトークンです。

 

PancakeSwapにコインを預けるときは、必ず2種類のコイン(通貨ペア)でセットにして預けます。

 

もらえるLPトークンは、その通貨ペアと対応していて、

 

例えばBTCBBNBのペアで預けると、BTCB-BNB LPトークンがもらえます。

 

PancakeSwapではこのLPトークンFarmに預けることで

 

追加報酬である「$CAKE」というコインをもらえます。

 

つまりPancake Swapにコインを貸すだけで、

 

・手数料の一部
・取引所トークン($CAKE)

 

が報酬としてもらえます。放置していても稼げる不労所得ですね。

 

手数料報酬は通貨ペアによって変わり、相場によってはこれだけで年率50%ペースで報酬が得られることもあります。

 

以下のページの「1y Fees」が手数料収入です。

https://pancakeswap.info/pairs

 

なお、PancakeSwapはコードも監査されているため、ハッキング・悪用リスクは比較的小さいと思っていいでしょう。

 




Pancake SwapでUSDTの流動性を供給する

USDTをSwapする

 

まず、Chromeブラウザでhttps://pancakeswap.finance/を開きます。

 

このウサギちゃんとパンケーキが可愛くて癒されますww

 

右上にウォレットのマークがあるので、Metamaskと繋ぎます。

 

ウォレットの数字が表示されれば無事にConnectできています。

 

画面左のメニューバーから、TradeExchange に進みます。(下の地球マークで日本語も選択できます)

上部がSwapであることを確認してください。

ここからコインの両替をします。

 

また、下部のVersionはV2であることも確認してください。

Version2が最新で、こちらで操作しないとちゃんと反映されません。

 

最初はBNBか、他のコインになっているので、借り入れしたUSDTを選びます。

 

タブから探すか、Select a tokenUSDTと入力。

 

緑のTのコインマークが出てきたらクリック。

 

すると手持ちのUSDTが反映されます。

 

次に、Swapするコイン(通貨ペア)を選ぶのですが、

 

Farmsをみると、USDTと供給できるのはBNBBUSDだけです。

 

USDT-BNBペアの年率は26.2%USDT-BUSDペアの年率は8.89%です。

 

これやってみると分かりますが、年利のいい方を選びたい!!!ですよね。。

 

最初にBTCBBNBを持っていたのもあるし私も年利のいいBNBを選んでたら

 

BNBはBinanceコインで急騰していたため、ペアの価格幅が開きすぎ

 

インパーマネントロスでいつの間にか5000円ほど飛んでいました泣。
(PancakeではなくValue DefiというDEXでです。)

 

供給(Liquidity Provider)とは、二つのペアが同じ量を保とうとするため

 

もう片方の価格が変動すると、もう片方のコインで補うようにできています。

 

なので、Liquidity Providerではなるべく価格の安定したステーブルコインで運用するのがおすすめです。

 

利率(APY)は高ければ高いほどリスクを伴いますので、

 

それでも高い利率で運用したい!という方は、リスクを受け入れて挑戦してみてください!

 

慣れてきたら、マイナーコイン同士で遊ぶのも楽しいですよ。

 

私は最近マイナーコインはペアではなく、単独でステーキング(一つのコインだけを供給)しています。

 

一つのコインだと価格変動が起きても調整されないのでIRが起きにくいのです。

 

そちらも後ほど書いていきますね。

 

 

とりあえずここは、ステーブルコインのBUSDを選んでおきます。

Exchangeの画面に戻ります。

 

USDTBUSDを選んで、USDTMAXをクリックすると、手持ちの全額が表示されます。

 

通貨ペアは同じ量を供給するので、全額の半分を入力してみます。

 

すると249.703BUSDに替えられることがわかります。

最初に使うコインは毎回、「このコインを受け入れますか?」という承認が必要なのでApprove USDTをクリック。


この時ちゃんとV2であることを確認してください。

 

確認をクリック。10円くらいですねw

 

これは価格変動して247.552BUSDになりますということなので、AcceptConfirm Swapをクリック。

 

Metamaskでも承認すると、上の画面のようにTransactionがリクエストされました。

 

MetamaskUSDTBUSDが入れば、無事に交換できています。




 

LiquidityでUSDTとBUSDを供給する

 

次に左のメニューバーからTradeLiquidityに進みます。

 

上部がLiquidity、下部がV2であることを確認したら、Add Liquidityをクリック。

 

 

先ほどと同じように通貨をUSDTBUSDを選びます。

預け入れるときは、そのときの時価で2つの通貨が同じ価格になるようにしか預けられません。

 

なので、片方の預け入れる量を入力すると、もう一方は自動で計算されます。

 

上の写真の場合、残高のBalanceUSDTが250、BUSDが249.994あります。

 

現在のレートで同じ価格で預けるには、少ない方のBUSDMAXをクリック。

 

USDTは249.809預けられることがわかります。

 

なお、初めて預ける通貨の場合も、預入れの承認が必要です。

 

Approveして、Supplyして承認すると、無事に預け入れが完了します!

 

流動性マイニングとは?

次に、このLPトークンFarmsに預けます。

 

これによってCAKEというトークンを貰えるようになります。

 

これらのトークンもその時々で価格が付いているので、交換すればお金になります。

 

LPの手数料収入(イールドファーミング)とは別に儲けることができますね。

 

こういう儲け方を流動性マイニングといいます。

 

イールドファーミングと流動性マイニングで、一石二鳥でチャリチャリしましょう♬

 

左メニューバーからFarmsに移ります。

 

 

沢山のペアがズラっと並んでいると思いますが、

 

左上部のStaked onlyのスイッチを右にスライドさせると、

 

自分が供給したペアが一番上にきますので、右のDetailsをクリック。

Stake LPをクリック。

 

 

USDT-BUSD LPトークンが表示されるので、MAXConfirmをクリック。

 

Metamaskでも承認すれば、無事LPトークンを預けられました!

 

なお、引き出す時は右下のマイナスボタンをクリックして、


Farms
からLPトークンをUnstake LP tokenLiquidityに戻りRemoveを選択します。

 

追加でLPトークンを預け入れる場合はプラスボタンMAXConfirmです。

 

しばらくして星下のHarvestCAKEが増えていれば、無事にファーミングできています。

 

HOME画面でも確認することができます。

 

これをね、毎朝みるのが楽しみになってきます。

 

寝ている間に働いてくれているわけですから♬

 

次回はこのケーキをさらに増やしていきます!

 

 

 




ABOUT ME
hana
大学在学中、世界一周したのち 2004年劇団俳優座に入団。 舞台を中心に俳優として活躍。 2015年に結婚。現在は俳優、 書道家、個人投資家、愛犬家 として日々勉強中。 趣味・読書、料理、散歩、 映画、お酒、旅など

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)