演劇

俳優座『インク』初日、GP観劇。



 

 

みなさんこんにちは!

 

夏日が続いてますね。

北海道も30度を超えたとか。

梅雨はどこ行っちゃったんでしょうね〜

ガリガリ君『うめ』味。

これ駄菓子屋さんにあったような懐かしい味〜!

 

やっぱりスイカバー最強

見つけたら絶対買っちゃうやつ泣。

 

夜は寝苦しくベッドシーツを夏用に替え、エアコンも発動しました。

 

気温の変化が激しいので、体調には気を付けましょうね。

 

 

さて、今日から俳優座『インク』初日です。

 

昨日は公開ゲネプロがあったので観劇してきました。

 

久々面白いものをみた気がします。

 

寝不足で不安だったのですが、終始テンポよく進み

 

場面転換や空間の使い方にハッとさせられ飽きさせません。

 

ステージの境目がなく、1歩前へ出れば役者に届いてしまうという距離で

 

目の前で迫真の演技を観れるのは贅沢だなぁと、完全に客と化してしまいました。

 

なるほどね。

 

最初『インク』って聞いて想像つきませんでしたが

 

1970年代のイギリスで、熾烈な新聞各社の抗争を分かりやすく

 

まるで海外ドラマのようにスタイリッシュに駆け抜けていくお話。

 

私のスマホは毎朝Bloombergから日本語でニュースが届くんですが


一昔前では考えられない利便性ですよね。

 

今や新聞も本もなんでもデジタルの時代、

 

”新聞”というアナログの媒体がとても演劇とマッチしていました。

 

俳優座の稽古場の空間で、よくあれだけ見せられるなぁ。

 

真鍋くん万歳。今月27日までです。

 

 

 

 

 




ABOUT ME
hana
大学在学中、世界一周したのち 2004年劇団俳優座に入団。 舞台を中心に俳優として活躍。 2015年に結婚。現在は俳優、 書道家、個人投資家、愛犬家 として日々勉強中。 趣味・読書、料理、散歩、 映画、お酒、旅など

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)