映画鑑賞

タリバン政権ふたたび。



 

みなさんこんにちは!

 

アメリカ軍がアフガニスタン駐留撤退を始め


事実上タリバンが政権を掌握してから

 

本日とうとう首都カブールで自爆テロ発生。

 

アメリカ兵12人、民間人60人死亡という大惨事が起きてしまった。

 

タリバンの幹部らはこれまでのところ


指導層に対して虐待や報復などを避け

 

アフガン人の身の安全も保障されるとしていたにもかかわらず

 

民間人の恐怖は現実のものとなってしまった。

 

9.11から20年経った今、アメリカ史上最長の戦争と言われ

 

第二のサイゴン陥落とも呼ばれている今回のアメリカ撤退。

 

20年も続いてForever Warなんて呼ばれちゃって

 

対岸の火事としてしか認識できてなかった自分…

 

2日続けてタリバン関連の映画を見ました。

 

『生きのびるために』

 

タリバン政権下のアフガニスタンを舞台に、過酷な日常を生き抜こうとする少女とその家族の姿を描き、第90回アカデミー長編アニメーション賞にノミネートされた社会派アニメ映画。

2017年製作/94分/G/アイルランド・カナダ・ルクセンブルク合作
原題:The Breadwinner

『ホテル・ムンバイ』

 

2008年のインド・ムンバイ同時多発テロでテロリストに占拠されたタージマハル・パレス・ホテルでの実話にもとづく人質脱出劇。

2018年製作/123分/R15+/オーストラリア・アメリカ・インド合作
原題:Hotel Mumbai

 

両方Netflixで見られます。

 

『原題:The Bread Winner(生きのびるために)』は

 

女性として、こんなにも生き辛い国があろうかと

 

美しいアニメーションと共に胸を締め付けられます。

 

アフガニスタンでの生活が、活字で理解するより

 

手に取るように分かるので、時間があったら見て欲しいと思いました。

 

『ホテル・ムンバイ』は、映画としても終始ハラハラドキドキが止まらず

 

迫力もあるため一気見してしまいました。

 

イスラム教徒とは、私たち無宗教の多い日本人より

よっぽど真面目で厳格な規律を守り、家族を愛していると思い知らされます。

 

にもかかわらず起きてしまうジハードとは…

 

自分の悩みなんてちっぽけ過ぎて恥ずかしくなりますね。。

 

アフガニスタン。

 

早速中国ロシアが支援を表明。

 

どんな国になりますでしょうか…

 

 

 




ABOUT ME
hana
大学在学中、世界一周したのち 2004年劇団俳優座に入団。 舞台を中心に俳優として活躍。 2015年に結婚。現在は俳優、 書道家、個人投資家、愛犬家 として日々勉強中。 趣味・読書、料理、散歩、 映画、お酒、旅など

POSTED COMMENT

  1. ちょびすけ より:

    日本に生まれた事を感謝しなければ…と、つくづく思います。

    • hana より:

      日本にいると当たり前過ぎて忘れちゃいますね。
      もんのすごい恵まれていることに…

      もっとお尻を叩かなければo┤*´Д`*├o

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)